マイナンバーカードとスマートフォンを利用して転出手続ができます

マイナンバーカードをお持ちの方は、一関市から一関市外の市区町村(国外を除く)へお引越しするときの手続き(転出届)をオンラインで行うことができます。

※必ず下記説明をお読みいただいてから手続きしてください。(条件によってマイナンバーカードが失効する場合があります。)

「転出届」のネット申請は以下のアドレスをクリックしてください。

https://ttzk.graffer.jp/city-ichinoseki/smart-apply/apply-procedure-alias/tensyutsutodoke

       転出届のネット申請

  「転出届」ネット申請の
      二次元コード

※この場合、転出証明書の交付を省略します。転出届のために一関市役所に来庁する要はありません

    

届出ができる人

 マイナンバーカード・マイナンバーカードに対応したスマートフォン(※)をお持ちの方

(※詳細はマイナンバーカードに対応したNFCスマートフォン一覧(外部サイト)をご確認ください。)

・マイナンバーカードは、署名用電子証明書が有効な状態であり、かつ署名用電子証明書の暗証番号(6~16桁の英数字(※4桁ではありません))がわかる場合に限ります。

・カードをお持ちの方と同一世帯で一緒に転出する方は、カードをお持ちの方がまとめて届け出することができます。

・過去のお引越し等の際にマイナンバーカードの情報更新を行っていない場合は、オンライン手続きができません。

※手続きの最終画面「申請内容の確認」画面で表示される「住所」が、現在の住所と異なる場合は、マイナンバーカードの電子証明書が失効しています。

マイナンバーカードが失効している場合は、システム上、申請が完了した場合でも、届出は完了していませんのでご注意ください。その場合は、市役所窓口または郵送で転出届の手続きを行ってください。(郵送による転出届はこちら

・国外にお引越しされる方は、オンライン手続きをご利用いただけません。通常の転出手続きをお願いします。

 

届出期間

 転出予定日のおおむね14日前から、引越した日から14日まで

・転入日(引越した日)から14日を経過している場合は受付できません。窓口か郵送で届出してください。(郵便による転出届はこちら

・転入日から14日まで(かつ転出予定日から30日以内)に転入地の役所に、転入届を完了しないとマイナンバーカードが失効します

(改めて前住所地の役所から「転出証明書に準ずる証明書」を取得いただき、転入届に添付いただく必要があります。)

※マイナンバーカードが失効した場合、再度取得する場合には再発行手数料がかかります。 

 

注意事項

・転出届後、転入地で転入届が行えるようになるまで5営業日程度(土曜日・日曜日・祝日・12月29日から1月3日までを除く)かかります。時間に余裕を持って手続きをしてください。

・転入届を行う際に、マイナンバーカードの暗証番号を入力する必要があります。 

・マイナンバーカードの暗証番号を忘れた場合は、転入地の役所で暗証番号再設定の手続きが必要になります。

・転出届以外にも国民健康保険、国民年金、介護保険、児童手当などの手続きが別途必要な場合があります。関連する手続きをこちら [294KB pdfファイル] 

 

操作方法

転出届のオンライン手続き方法 [2083KB pdfファイル] 

一関市では、オンライン申請用システムについて、株式会社グラファーとのサービス利用契約により、同社のサービスを利用しています。

サービス提供事業者である株式会社グラファーは、本サービスの利用にあたって入力された個人情報等を保有します。詳細は利用規約(外部サイト)及びプライバシーポリシー(外部サイト)をご確認ください。

ご利用にあたっては利用規約(外部サイト)に同意の上、ご利用ください。

一関市の証明書のオンライン申請サービスは、一関市とサービス利用契約を締結している株式会社グラファーのサービスであるため、ドメイン名は「graffer.jp」となっています。