令和5年10月1日から消費税の適格請求書等保存方式(インボイス制度)が始まります。

適格請求書(インボイス)とは

 売手が買手に対して、正確な適用税率や消費税額等を伝えるものです。

 具体的には、現行の「区分記載請求書」に「登録番号」、「適用税率」及び「消費税額等」の記載が追加された書類やデータをいいます。

インボイス制度とは

 買手は、入税額控除適用のために、原則として売手から交付を受けたインボイス(適格請求書)を保存する必要があります。

 売手がインボイスを交付するためには、事前にインボイス発行事業者(適格請求書発行事業者)登録を受ける必要があり、登録を受けると、課税事業者として消費税の申告が必要となります。売手である登録事業者は、買手である取引相手(課税事業者)から求められたときは、インボイスを交付しなければなりません(また、交付したインボイスの写しを保存しておく必要があります)。

制度導入までのスケジュール

 インボイス発行事業者になろうとする事業者の方は、登録申請書を税務署へ提出し、登録番号等の通知を受ける必要があります。

登録申請書受付開始 令和3年10月1日

制度開始時から登録を受ける場合の

税務署への申請期限

原則として、

令和5年3月31日

インボイス制度開始 令和5年10月1日

 制度の詳細については、以下の国税庁ホームページ(外部リンク)をご覧ください。

国税庁ホームページ(外部リンク)

 インボイス制度特設サイト

 <パンフレット> 消費税 知っていますか?インボイス制度(令和3年12月)

 <制度の詳細>  適格請求書等保存方式の概要-インボイス制度の理解のためにー(令和4年7月)

 

インボイス制度についてのお問い合わせ先

 軽減・インボイスコールセンター

 ▷ 電話番号 0120-205-553

 ▷ 受付時間 9:00~17:00(土日祝除く)