ページの先頭です 本文へスキップ
ここから大分類内のサブメニューです大分類内のサブメニューはここまでです
ここからページ内容です
このページの場所は次のとおりです
トップページ > 介護に関する情報 > 費用 > 介護保険で利用できる費用の上限
ここからページの本文です

介護保険で利用できる費用の上限

 介護サービスを利用したときには、利用者はかかった費用の1割〜3割を負担します。施設等を利用した場合は、1割〜3割の負担のほかに、食費、日常生活費などの負担があります。

 

介護保険で利用できる額には上限があります

 介護保険では、要介護状態区分に応じて利用できる費用の上限(支給限度額)が決められています。上限の範囲内でサービスを利用するときは利用者負担は1割〜3割ですが、上限を超えてサービスを利用した場合には、超えた分の全額が利用者の負担となります。

低所得の人は利用者負担の軽減があります
  • 訪問介護や訪問入浴介護を利用している人で、市町村民税非課税世帯の場合、利用者負担が軽減される制度があります。
  • 低所得者で特に生計が困難な人が、社会福祉法人が提供する所定の介護サービスを利用する場合、利用者負担が軽減されることがあります。
    ※いずれも、構成市町への申請が必要です。詳しくは、構成市町・一関地区広域行政組合までお問い合わせください。