ページの先頭です 本文へスキップ
ここから大分類内のサブメニューです 大分類内のサブメニューはここまでです
ここからページ内容です
このページの場所は次のとおりです
トップページ > 環境衛生 > 新型コロナウイルス感染症対策にご協力ください
ここからページの本文です

新型コロナウイルス感染症対策にご協力ください

ごみの捨て方

ご家庭でのごみ(マスクなど)の出し方

 新型コロナウイルスなどの感染症に感染した方やその疑いのある方などがご家庭にいらっしゃる場合、マスクやティッシュなどを捨てるときは、次のことにご留意ください。

  1. ごみに直接触れない。
  2. ごみ袋は、しっかりしばって封をする。
  3. ごみを捨てた後は手を洗う。
事業所でのごみの捨て方

 新型コロナウイルスなどの感染症に感染した方やその疑いのある従業員が事業所にいらっしゃる場合、マスクやティッシュなどを捨てるときは、ごみに直接触れずに、ごみ袋をしっかりしばって封をしてください。

 また、ごみを捨てた後は石鹸を使って、流水で手をよく洗いましょう。

 医療機関等から新型コロナウイルスに係る感染性廃棄物を出す場合は、「廃棄物処理法に 基づく感染性廃棄物処理マニュアル」に基づき、適正に処理してください。

在宅医療廃棄物の捨て方

 インスリン自己注射などで使用された注射針は、感染の可能性があるため、収集できません。また、清掃センターでも受け入れできません。

 使い捨てのペン型インスリン注射器や点滴パックなどの在宅医療廃棄物を間違った方法で廃棄すると、ごみを分別する作業員などが感染症などのリスクに見舞われる可能性があります。

  1. 注射針やペン型自己注射針などは、病院や薬局に返してください。
    または、一般社団法人岩手県薬剤師会が実施している使用済み注射針回収事業に参加している薬局に依頼してください。
  2. プラマークがついていても針無し注射器、点滴バックは「燃やすごみ」として出してください。
収集・分別・処分をしている作業員の感染防止にご協力ください。

 ごみを収集・分別・処分をしている作業員の感染リスクを減らし、ごみの処理を安全に継続して行えますよう、ご協力をお願いいたします。

 指定ごみ袋をごみ集積所に出す際は、ごみ袋に空気が入らないようにしばって出してください。

 必ず午前8時30分までに、「ごみ集積所」へ出していただきますようお願いいたします。ごみ集積所に出したごみがカラスに荒らされないように対策をしてください。

清掃センターへのごみの持込みについて

 一関清掃センター、大東清掃センターでは、通常どおりごみの受け入れ業務を行っておりますが、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、可能な限りごみ集積所へ出していただきますようお願いいたします。

まわりの方々への感染防止のために

 ごみを路上や公園等にポイ捨てすることは絶対にやめてください。

 

ここまでが本文です