ページの先頭です 本文へスキップ
ここから大分類内のサブメニューです 大分類内のサブメニューはここまでです
ここからページ内容です
このページの場所は次のとおりです
トップページ > 環境衛生 > 事業活動で出たごみの処理
ここからページの本文です

事業活動で出たごみの処理

事業活動で出たごみは事業系廃棄物となり、ごみ集積所に出すことができません。
(廃棄物処理法の取扱において、事業系廃棄物を生じる事業活動とは、営利活動のみではなく、行政事務、病院事務、NPO活動などの非営利活動を含むものとされています。)
 ごみの区分により処理等の取り扱いが異なりますので、区分に応じて適切に処理してください。
特にも産業廃棄物は排出者の責任が大きく、違反には大きな罰が課せられますので、注意が必要です。

廃棄物の区分

廃棄物の区分毎の取扱

区分 処理責任 収集運搬できる者 処分できる者
産業廃棄物 事業者
(廃棄物の排出者)
  • 事業者(排出者)
  • 産業廃棄物収集運搬許可業者
  • 産業廃棄物処分許可業者
事業系
一般廃棄物
事業者
(廃棄物の排出者)
  • 事業者(排出者)
  • 一般廃棄物収集運搬許可業者 など
  • 市町村(市町村が委託した者を含む)
  • 一般廃棄物処分許可業者 など
家庭系
一般廃棄物
市町村
  • 住民(排出者)
  • 市町村(市町村が委託した者を含む)
  • 一般廃棄物収集運搬許可業者 など
  • 市町村(市町村が委託した者を含む)
  • 一般廃棄物処分許可業者 など

※収集運搬及び処分するために必要な機材等は、廃棄物処理法により基準が定められています。

清掃センターでの事業系廃棄物の受入

受入区分 受入の状況 備考
事業系
一般廃棄物
ごみ集積所に出すことはできません。
清掃センターへの持ち込みはできます。
「産業廃棄物及び資源ごみ」以外の廃棄物
※処理手数料がかかります。
資源ごみ ごみ集積所に出すことはできません。
清掃センターへの持ち込みはできます。
飲料用のビン及び缶、並びにペットボトルで、資源としてリサイクルできる物
※処理手数料がかかります。
産業廃棄物 清掃センターでは処理できません。 国の政令で定められた20種類の廃棄物から、資源ごみを除く廃棄物

※清掃センターでの事業系ごみの受入基準
事業系廃棄物の受入について(PDF)