ページの先頭です 本文へスキップ
ここから大分類内のサブメニューです 大分類内のサブメニューはここまでです
ここからページ内容です
このページの場所は次のとおりです
トップページ > 環境衛生 > 在宅医療廃棄物の出し方について
ここからページの本文です

在宅医療廃棄物の出し方について

 在宅医療の普及により、家庭から出される在宅医療廃棄物も多くなっています。これらの在宅医療廃棄物を誤った方法で廃棄すると、感染症などの危険が生じる可能性がありますので、次のルールを守って出してくださるようようお願いいたします。

「在宅医療廃棄物」とは、次のようなものをいいます。
  • 医師・看護師等(以下、「医師等」という。)が、訪問して行う訪問診療または訪問看護等により発生した医療廃棄物
  • 医師等の訪問を伴わず、医師の指導管理に基づき患者等が、自ら医療行為を行う在宅医療により発生した医療廃棄物
在宅医療廃棄物の出し方
注射針など鋭利なものは、医療機関・薬局等に返却して下さい。
鋭利なもの及びびん・缶以外は、プラマークの表示があっても「プラスチック製容器包装」ではなく「燃やすごみ」に出して下さい。
びん、缶は「燃やせないごみ」に出して下さい。

 

種類 具体例 出し方
医療用注射針・点滴針

ペン型自己注射針
ペン型自己注射針

注射針、針の付いた注射器
注射針、針の付いた注射器

点滴針点滴針

医療用注射針等は、ふた付の耐貫通性の容器に入れて、支給された病院、診療所、薬局へ返却して下さい。
ビニールバッグ類

輸液・蓄尿・CAPD・栄養剤バッグなど
CAPDバッグ
CAPDバッグ

指定のごみ袋に入れて「燃やすごみ」の日に集積所に出して下さい。

※点滴バッグ内に残っている液を捨て、空にしてから出して下さい。

チューブ類・カテーテル類

輸液ライン(針部以外)・
カテーテル類
輸液ライン(針部以外)・ カテーテル類

指定のごみ袋に入れて「燃やすごみ」の日に集積所に出して下さい。

※大東清掃センター管内〔一関市(大東地域・千厩地域・東山地域・室根地域・川崎地域・藤沢地域)〕は、処理施設の都合上50cm以内に切って出して下さい。なお、チューブ類を切る際は、感染防止のため、ゴム手袋を使用して下さい。

脱脂綿・ガーゼ・紙おむつ

脱脂綿やガーゼ
脱脂綿やガーゼ

紙おむつ
紙おむつ

指定のごみ袋に入れて「燃やすごみ」の日に集積所に出して下さい。

※使用済み紙おむつは、汚物を取り除いてから出して下さい。

針なし注射器

使い捨てペン型
インスリン注入器
使い捨てペン型 インスリン注入器

栄養剤注入器
(針は付属しない)
栄養剤注入器

指定のごみ袋に入れて「燃やすごみ」の日に集積所に出して下さい。
空きびん・空き缶 錠剤や飲み薬の入った びん・缶
錠剤や飲み薬の入った びん・缶

指定のごみ袋に入れて「燃やせないごみ」の日に集積所に出して下さい。

※飲み薬の入ったびん・缶に残っている液を捨て、空にしてから出して下さい。

注意注意点
◎「ビニールバッグ類」、「チューブ類・カテーテル類」、「脱脂綿・ガーゼ・紙おむつ」及び「針なし注射器」は、在宅医療廃棄物以外の「燃やすごみ」と合わせて出してもさしつかえありません。
◎「空きびん・空き缶」は、在宅医療廃棄物以外の「燃やせないごみ」と合わせて出してもさしつかえありません。

問い合わせ先

一関地区広域行政組合 一関清掃センター 電話 0191−21−2157
大東清掃センター 電話 0191−75−3149
ここまでが本文です