ページの先頭です 本文へスキップ
ここから大分類内のサブメニューです 大分類内のサブメニューはここまでです
ここからページ内容です
このページの場所は次のとおりです
トップページ > 組合の概要 > 組合の概要
ここからページの本文です

組合の概要

 一関地区広域行政組合は、一関市、平泉町の一市一町の行政事務の一部を、共同で効率よく処理するために設置された一部事務組合です。(一部事務組合は、地方自治法に基づいて設置される特別地方公共団体です)

構成市町

 一関市・平泉町

組合が共同処理している主な事務

  • ごみの処理計画、収集運搬及び処理に関する事務
  • し尿の処理計画、処理に関する事務
  • 一般廃棄物(し尿を含む)収集運搬業、同処理業及び浄化槽清掃業の許可に関する事務
  • 火葬場の運営に関する事務
  • 介護保険事業計画、要介護認定、介護保険給付等の事務
  • 介護保険法で定める地域支援事業の実施

執行機関

  管理者 一関市長
  副管理者 平泉町長
一関市副市長
  会計管理者   一関市会計管理者
  監査委員 識見 1人
組合議会選出 1人

 

一関地区広域行政組合設置までの経緯

経緯

  1. 両磐地区広域市町村圏では、7つの一部事務組合、1つの広域連合及び2つの協議会で10組合等が設置されていた
  2. 平成17年9月20日の一関市の合併により、組合等の解散や構成団体の再編を行ったが、なお、7つの組合等が存続している
  3. よって、一関市、平泉町及び藤沢町で両磐地区一部事務組合等統合協議会を組織し、組合等の統合再編を図ることとした
 

 

統合の必要性について

  1. これまでの組合等による事務の共同処理は、一定の成果をあげてきたが、同一圏内に多くの組合等が存在することは、相互間の調整、計画的な広域行政の展開、事務処理や事務経費の重複など短所も有しているといえる
  2. 統合を計画した4つの組合等は、圏域よりも範囲の狭い事業区域を有しているため、管内において介護保険の保険者や保険料が違うなど相違が生じている
  3. 統合を行うことにより、スケールメリットを生かしながら、共同処理する事務を拡充し、圏域住民の公共サービスの向上を行う

組合等の解散統合の概要について

    1. 解散させる組合及び解散日
       東磐環境組合、東磐広域行政組合、一関地方衛生組合及び一関地方広域連合を平成18年3月31日に解散
    2. 新たに設置する組合及び設置日
       一関地区広域行政組合(一部事務組合)を平成18年4月1日に設置
    ここまでが本文です