興田地区十景を見に行こう!!

 一関市と興田地区振興会(大東地域)は協働して興田地区のお気に入りの風景など景を募集し、「興田地区十景」を選定し、“風景額縁(風景解説板)”を設置しました。風景を絵画に見立てて眺めていただこうというものです。
夏本番のこの季節、ドライブコースに「興田地区十景」を取り入れて存分に野外の空気を満喫してみませんか‼ 
※印 風景額縁を設置している景。他は案内板のみ。

  

『興田地区十景』


(1)中屋敷峠から見る興田地区(興田地区大パノラマ)※

(2)大住入口付近から見る蓬莱山(蓬莱山)※

(3)興田浄化センター付近から見る御殿山(帰郷~第2の風景)※

(4)花崎館から見る中川地区(眼下に広がる中川野)

(5)鳥海川の川べりから見る畳石(景勝「畳石」)

(6)小黒滝※

 

(7)山百合の丘から見る里の風景(蓬莱山と散居する集落)※


(8)林道の橋から見る中川川の渓流(「中川奥入瀬」)

(9)鳥居の前から見る興田神社(鎮守の森)

(10)車坂上から見る八日町、西館方面(坂の街と蓬莱山)