石と賢治のミュージアムトップへ

石っこ賢さん鉱物の世界

若き日の賢治イメージ

宮澤賢治最晩年の仕事が東北砕石工場技師でした。
幼少年時代の賢治のあだ名が「石ッコ賢さん」。

石の世界に魅せられた賢治がハンマーを携え、山野を歩き回って岩石を収集していた話は有名です。
また、盛岡高等農林卒業後の生業に地元産の岩石や鉱物を取り扱いたいとか、宝石類の研磨・加工をやりたいなど、石にかかわる仕事にかなりの意欲を抱いていました。
そのためでしょうか、賢治の作品には実にたくさんの鉱物が登場し、賢治独特の文学世界を豊かに浮き立たせてくれています。
「石と賢治のミュージアム」の名にふさわしく、賢治の詩や童話に出てくる鉱物の標本各種をそろえ、来館者の皆さんの鑑賞に供したいと、各種の世界の鉱物・地元の鉱物・化石を展示しています。
どうぞお出でいただきご覧ください。
石灰石を砕いて篩(ふる)い分けた細粒を「肥料用炭酸石灰」と名づけ、酸性土壌改良剤として広げようと駆け回った東北砕石工場技師賢治の職場からのお知らせです。

 

ラピスラズリ 方解石(白)、珪酸亜鉛鉱(緑)、フランクリン鉱(黒)、紅亜鉛鉱(暗褐色)
アズロマラカイト 重晶石と黄安華
クリソコラ 石膏(砂漠のばら)
藍晶石 紫水晶(晶洞内)

蛍石

水晶と赤鉄鉱
珪亜鉛鉱と方解石とフランクリン鉱 アンモナイトの化石
虎目石 トルコ石
杉石

鉱物一覧

光る鉱物一覧

 

 
問い合わせ先 太陽と風の家
TEL 0191-47-3655 FAX 0191-47-3944

〒029-0303 岩手県一関市東山町松川字滝ノ沢149-1

電子メール:ishiken@city.ichinoseki.iwate.jp