「芦東山」とは?~芦東山のキホン~

Question1 

生まれについて教えてください。

Answer1

江戸時代中期の1696年、仙台藩磐井郡東山渋民村(今の一関市大東町渋民)に生まれました。生家は、祖父の代から肝入り職を勤めていました。

Question2

何をした人ですか?

 

 

Answer2

仙台藩の儒学者として5代藩主伊達吉村に仕えました。

江戸に勉強に行った時、師匠の室鳩巣から刑律の書の編さんを頼まれ、24年間の幽閉生活中に、『無刑録』という本を完成させました。

Question3

なぜ幽閉されたのですか?

Answer3

藩が学問所を建てる時に、東山は「学生の席順は身分の高い順ではなく、年齢順にすること」などを意見しました。

学問は身分に関わらず、皆平等に行うべきと考えたからです。

しかしその考えが藩当局の反感を買ってしまったわけです。

Question4

初めて名前を知った人も多いと思いますが。

Answer4

芦東山の名前は、市内はもとより県内でもあまり知られていません。

著作が、漢文体の難しい本で一般に普及しなかったなど、理由はいろいろあります。

記念館では、東山の生涯と業績を映像やグラフィックを使って分かりやすく展示紹介しています。

郷土の偉人の業績を知るために、ぜひおいでください。