県内に渡り鳥が飛来する季節を迎えています。

 高病原性鳥インフルエンザの原因となるウイルスは、感染した野鳥や渡り鳥のふんなどによって広がります。 

 本県での発生を防ぐため、本病の発生予防を徹底しましょう。

 養鶏農場では、鳥インフルエンザの発生を防止するため、最善の防疫措置を講じておりますので、むやみに農場に近づかないようにご協力お願いします。

防疫対策のポイント
  • 野鳥が飼育小屋や水飲み場に入り込まないようにしましょう。
  • 飼っている鳥に池や沼の水を与えないようにしましょう。
  • 野鳥に触れた場合は、必ず手を洗い消毒をしましょう。
  • 日ごろから飼っている鳥の健康状態を観察しましょう。
  • 飼育小屋の消毒を定期的に実施しましょう。
  • 愛玩鳥などを飼われている場合、放し飼いはやめましょう。
  • 野鳥や野生動物が鳥小屋に侵入しないように穴、すき間、破損個所は修理しましょう。
野鳥の死がいを見つけた場合

 ハクチョウやカモなどの渡り鳥や、タカやワシなどの猛きん類、野鳥が死亡していた場合は、
 死がいには絶対に触ったりせず、農政課又は各支所産業経済課までご連絡下さい。

鳥インフルエンザウイルスの人への感染について

 鳥インフルエンザウイルスは、通常の接し方では人には感染しないと考えられています。
 日常生活においては、鳥の排せつ物等に触れた後には、手洗いとうがいをしていただければ
 過度に心配する必要はありませんので、冷静な行動をお願いします。

 

 

連絡先

岩手県県南家畜保健衛生所 

TEL 0197-23-3531

一関市農政課 TEL 0191-21-2111(内線8426)

または各支所産業経済課