工業団地のご案内

東北の新たな産業戦略拠点 ICHINOSEKI

1.東北エリアをカバーする産業戦略拠点

企業の大型立地が進む東北地方の中で、新たな産業戦略の拠点として注目されています。「一関」は福島から青森までの東北エリアをカバーできる絶好の位置にあります。

2.仙台〜北上川流域の拠点

東北地方は、自動車産業の国内第3の拠点として位置付けられています。その中でも仙台〜北上川流域は、自動車関連産業の集積が進み、集積エリアの中心に位置するのが「一関」です。
さらに、沿岸地域との交流拠点でもあります。

3.産学官が一体となった支援体制

一関高専や岩手県南技術研究センターをはじめとした教育研究・産業支援機関など産学官が一体となり、企業の皆様の活動を支援します。

<一関市の概要>

一関市は東北地方の中央に位置し、首都圏からは約450km、仙台と盛岡の中間地点にあり人口約122,000人、総面積1,256.42km2(人口、面積ともに県内第2位)、岩手県南・宮城県北の経済・文化・教育の中心となっています。また、宮城、秋田の両県に隣接し、市内には3県にまたがる栗駒山(1,626m)、猊鼻渓や厳美渓の名勝地、一関温泉郷などの観光地があり、平泉や三陸方面への観光拠点ともなっています。

 

近隣の工業団地との位置関係

 
岩手中部工業団地

走行距離
約42km(約45km)
走行時間 
約60分(約40分)

仙台北部中核工業団地

走行距離
約65km(約75km)
走行時間
約95分(約60分)

( )内は高速道路利用時

 

市内工業団地・流通団地MAP

 

現在分譲中の工業団地・流通団地

工業団地名をクリックで詳細ページが開きます

写真 工業団地名称 概 要
上油田第二工業団地 一関市の南部、宮城県境に位置し、天然の松林に囲まれた緑の中の工業団地です。
近くには東北自動車道若柳金成I.C.、新幹線くりこま高原駅、仙台空港(110km)があり、高速交通網に恵まれた環境にあります。
また、労働力についても、岩手県南と宮城県北の両地域から人材の確保ができるなど、条件に恵まれた工業団地です。
一関東第二工業団地 一関市から気仙沼方面に向かう国道284号沿いの丘陵地帯にある自然環境に配慮した工業団地です。周辺には、(独)一関工業高等専門学校を始めとした教育機関、岩手県南技術研究センター等の産業支援機関が集積しており、人材の確保や関係機関との連携が緊密に図れる、絶好の立地環境にあります。
大久保工業団地 一ノ関駅から気仙沼方面に20kmに位置し、造成済の団地です。
団地内には公園もあり、アカマツに囲まれた自然豊かな団地です。
 
 

産業用地・空き工場