マイナンバー制度(社会保障・税番号制度)とは

平成28年1月から利用が開始されたマイナンバー制度について紹介します。

まいなちゃん

1.制度概要
マイナンバー制度は、住民票を有する全ての方に1人1つの番号(マイナンバー)を付して、社会保障、税、災害対策の分野で効率的に情報を管理し、複数の機関に存在する個人の情報が同一人の情報であることを確認するための社会基盤となる制度です。

○詳しくは内閣官房ホームページ「社会保障・税番号制度」をご覧ください

○制度の紹介動画は
こちら(政府広報オンラインサイト)から
 

2.主な効果
マイナンバー制度は、行政を効率化し、国民の利便性を高め、公平かつ公正な社会を実現する社会基盤(インフラ)であり、期待される効果としては、大きく3つあげられます。
(1)所得や他の行政サービスの受給状況を把握しやすくなるため、負担を不当に免れることや給付を不正に受けることを防止するとともに、本当に困っている方にきめ細かな支援を行えるようになります。(公平・公正な社会の実現)
(2)添付書類の削減など、行政手続が簡素化され、国民の負担が軽減されます。また、行政機関が持っている自分の情報を確認したり、行政機関から様々なサービスのお知らせを受け取ったりできるようになります。(国民の利便性の向上)
(3)行政機関や地方公共団体などで、様々な情報の照合、転記、入力などに要している時間や労力が大幅に削減されます。複数の業務の間での連携が進み、作業の重複などの無駄が削減されるようになります。(行政の効率化)

3.マイナンバーカード(個人番号カード)について
○顔写真付きICカードで希望者に交付されます。なお、初回交付は無料です。 

○通知カードと合わせて、マイナンバーカードの交付申請書類が送付されています。

○本人確認のための身分証明書として使えるほか、さまざまなサービスに利用できます。
一関市では平成28年6月から、マイナンバーカードを使用した住民票等のコンビニ交付を開始しています。
*証明書等コンビニ交付サービスについて

○表面に基本4情報(住所・氏名・性別・生年月日)と顔写真、裏面にマイナンバーが記載されます。

特定個人情報保護評価とは

特定個人情報(マイナンバーを含む個人情報)を保有する地方公共団体等が、利用する前に個人のプライバシー等に与える影響を予測・評価し、その影響を軽減するための適切な措置を講ずることを目的に実施するものです。
特定個人情報保護委員会ホームページをご覧ください。

一関市の特定個人情報保護評価書

一関市の特定個人情報保護評価書をご覧ください。

マイナンバー制度に関するお問い合わせ(フリーダイヤル【無料】)

※対応時間  平日9:30~20:00  土日祝日9:30~17:30(年末年始を除く)

日本語窓口

0120-95-0178

※一部IP電話等でつながらない場合は、050-3816-9405まで

外国語窓口(英語、中国語、韓国語、スペイン語、ポルトガル語に対応しています。)

0120-0178-26