平成28年6月30日付で、国土交通省による洪水浸水想定区域、浸水した場合に想定される水深及び浸水の継続時間、家屋倒壊等氾濫想定区域の公表が行われましたのでお知らせします。

今回の公表について

今回公表された一関市内の河川は、国土交通省が管理する北上川、砂鉄川、磐井川の3河川であり、それぞれの河川で、近年の豪雨を参考とした「想定最大規模降雨」で見直しした新たな区域図が公表されています。市民の皆様はそれぞれの区域図で、自宅や職場等への影響について確認いただき、市から避難勧告等の情報があった場合は、早期に避難するなどの対応をお願いします。

避難勧告等とは

市から発信する以下の3つの情報を指します。

  • 避難準備情報:危険な状況が近づいているので、避難の準備を始めるタイミングを知らせること。また、高齢者や障がいを持った方、乳幼児などの避難に時間がかかる方は避難を開始するタイミングをお知らせするものです。
  • 避難勧告:災害により、危険が迫っているので、避難行動を開始するタイミングをお知らせするものです。
  • 避難指示:避難勧告よりも緊急性が高く、危険が切迫しているので、ただちに避難行動に移る必要があることをお知らせするものです。

市では、これらの情報を発信する場合には、屋外広報マスト、FMあすも専用ラジオの自動起動放送、携帯電話への緊急速報メール(エリアメール)、テレビのテロップ情報等で発信することとしています。

公表された洪水浸水想定区域図等について

「こちら」の岩手河川国道事務所ホームページを参照ください。

知りたい情報ごとの区域図にすると以下のとおりとなります。(リンクをクリックすると国土交通省のホームページへ移動します。)

近年の豪雨を参考とした「想定最大規模降雨」により河川が氾濫した場合の浸水範囲と浸水の深さを知りたい場合

北上川(北上川については表示まで時間がかかる場合があります。)

磐井川

砂鉄川

※想定最大規模降雨による洪水浸水想定区域図とは:想定最大規模の降雨(明治橋地点下流:北上川流域の2日間の総雨量264mm)により氾濫(堤防が破堤した場合の想定を含む)した場合に浸水が想定される区域と浸水深をシミュレーションにより予測したものです。

近年の豪雨を参考とした「想定最大規模降雨」により河川が氾濫した場合の浸水範囲の浸水継続時間を知りたい場合

北上川(北上川については表示まで時間がかかる場合があります。)

磐井川

砂鉄川

※想定最大規模降雨による浸水継続時間とは:想定最大規模降雨による河川の氾濫で浸水した場合に、歩行が困難となる50cm以上の浸水が継続する時間をシミュレーションにより予測したものです。

近年の豪雨を参考とした「想定最大規模降雨」により河川が氾濫した場合に、家屋の倒壊等をもたらす氾濫流が想定される区域を知りたい場合

北上川、砂鉄川、磐井川

※家屋倒壊等氾濫想定区域(氾濫流、河岸浸食)とは:想定最大規模降雨による河川の氾濫により、家屋の倒壊等をもたらすような氾濫の発生が想定される区域をシミュレーションにより予測したものです。