高齢者の暮らしを支えるさまざまな制度があります

在宅で生活する高齢者の自立した生活を助長するため、さまざまな事業を行っています。


 在宅で生活している方へ 

 在宅での生活に不安がある方へ 

 

 介護保険サービスが受けられない方へ 

 

 成年後見制度について

        


在宅で生活している方への支援

在宅高齢者福祉乗車券交付事業

市民税非課税世帯の70歳以上の一人暮らしの方、高齢者のみの世帯に属する方などに、
市内のバスやタクシーで利用できる乗車券(金券)を交付します。

乗車券は10円券と100円券の2種類で、
月額1,000円分(年12,000円分)を上限に申請月から交付します。

ただし、入院中や施設入所中の人は申請できません。

対象者

市内に1年以上居住する70歳以上で、市民税非課税世帯のうち次のいずれかに該当する方
(1)一人暮らし
(2)高齢者だけの世帯
(3)同居者が障がい者用福祉乗車券の交付を受けている方のみと暮らしている
※年度内に70歳の誕生日を迎える方は、誕生日から申請できます。

申請手続き

(1)印鑑・保険証など本人確認ができるものを持参して
(2)市役所1階13番窓口(長寿社会課高齢福祉係)または各支所保健福祉課の窓口で
(3)高齢者福祉乗車券交付申請書 [57KB pdfファイル] に記入・押印します。
(4)市が内容を確認後、窓口で交付します。
※民生委員による代理申請は、窓口での申請ができない人に限られます。

その他

(1)利用は対象者本人に限られます。
(2)利用期限は当該年度末(3月31日)までとなります。
(3)紛失・破損・汚損などによる再交付はしません。
(4)支給要件に該当しなくなった場合は、すみやかに返還してください。 

問い合わせ先 
本庁長寿社会課高齢福祉係 ☎21‐8370 または各支所保健福祉課

緊急通報システム

ひとり暮らしの高齢者などを対象に、災害、事故、急病などの非常時に、
消防署にボタン一つで通報できる端末機を貸与しています。

対象者

突発的に生命に危険な症状が生じる可能性がある方や緊急時に機敏に行動することができない方で
下記のいずれかに該当する方
(1)おおむね65歳以上の一人暮らし高齢者や高齢者のみ世帯の方
(2)身体障害者手帳1、2級または療育手帳Aの交付を受けている方

費用

・端末機を使用する際の電話代や電気代など
・利用者の都合による移設、交換費用など

問い合わせ先 
本庁長寿社会課高齢福祉係 ☎21‐8370 または各支所保健福祉課

シルバー人材センターの活用

公益社団法人シルバー人材センターでは、
原則60歳以上の健康で働く意欲のある方が会員登録し、
ちょっとした困りごとやお手伝いがほしいことなどをお受けします。

詳しくはこちらをご覧いただくか、下記へお問い合わせ下さい。

内容

・植木の手入れ、草刈(草取り)
・襖、障子張り
・農作業
・墓掃除
・家庭内外の清掃
・各種施設管理
・日常生活支援
・事業所の業務など

問い合わせ先
公益社団法人一関市シルバー人材センター(青葉二丁目1-36) 
 26-3760
【一関・花泉地域】   
一関事業所 ☎26-3760
【大東地域】      
大東事務所 ☎71-1234
【千厩・室根・藤沢地域】
千厩事務所 ☎48-3306 
【東山・川崎地域】   
東山事務所 ☎35-3021

配食サービス

健康で自立した生活を送ることができるよう配食サービスを行います。
対 象 者
おおむね65歳以上のひとり暮らし高齢者など

問い合わせ先
【一関地域】  一関市社会福祉協議会 ☎23-6020 
【その他の地域】各支所保健福祉課

外出支援サービス

市内に居住するおおむね65歳以上の心身の障がいや傷病により寝たきりの方、
車いすを利用している方のために、病院や診療所への通院などの送迎サービスを行います。
対 象 者

・介護保険に規定する要介護者
・身体障害者手帳1種の者で介助が必要な方など

問い合わせ先 
本庁長寿社会課高齢福祉係 ☎21‐8370 または各支所保健福祉課

高齢者見守りネットワーク事業

ひとり暮らし高齢者や高齢者のみ世帯などを見守る体制を構築し、
支援が必要と思われる高齢者の早期発見に努め、
高齢者の所在不明や孤立死を防止する取り組みを行っています。
 
見守り体制
市内の一般家庭に宅配などのサービスにより訪問する民間事業所と市が協定を締結し、
民間事業所が訪問先で異変があった場合に、各事業者が地域包括支援センターなどへ連絡する仕組みです。 
連絡する要件
・異常なにおいや物音がする。
・郵便物や新聞がポストにたまったままとなっている。
・同じ洗濯物が、干されたままとなっている。
・夜間に、室内の照明がついていない状態が続いている。
・日中なのに、室内の照明がついている状態が続いている。
・本人や家族の怒鳴り声が聞こえる。
・法外な高額商品や大量の健康食品などがある。 など
 

問い合わせ先 
 本庁長寿社会課高齢福祉係 ☎21‐8370 または各支所保健福祉課 


在宅での生活に不安がある方へ

生活支援ハウス(高齢者生活福祉センター)

高齢のため、居宅で生活することに不安のある一人暮らしの方などに対し、
一定期間の住居を提供します。

原則として日常生活において介護を必要とせず、自炊ができる方が対象で、
収入に応じた利用料と光熱水費などの実費を負担していただきます。

問い合わせ先
本庁長寿社会課高齢福祉係 ☎21‐8370 または各支所保健福祉課

養護老人ホーム

原則、65歳以上の方で、家庭の事情や身体上、精神上、環境上の理由や経済的理由により、
在宅での生活が困難な方であり、入所判定委員会において
市の判定基準に基づき、対象と判定された方が入所できる施設です。
対象施設
・こはぎ荘☎72-2228(大東町曽慶字御能場39-1)
・東  山 荘☎47-2157(東山町長坂字北磐井里207)
 

問い合わせ先
 本庁長寿社会課高齢福祉係 ☎21‐8370 または各支所保健福祉課 


介護保険サービスが受けられない方へ


介護認定や総合事業で「非該当」と判定された場合に、
介護保険サービスと同等のサービスが利用できるようにする制度です。

生活支援ショートステイ事業

健康状態などにより在宅生活が一時的に困難と認められる方に、
短期間の宿泊による日常生活の支援・指導を行います。

対象者

おおむね65歳以上の介護保険で非該当となった方や
これに相当する方で、援助が必要と認められる方

利用期間

原則7日以内 

問い合わせ先
 本庁長寿社会課高齢福祉係 ☎21‐8370 または各支所保健福祉課 

生活管理指導員派遣事業

家事援助などを行う生活管理指導員を派遣し、
日常生活の支援・指導を行います。

対象者

おおむね65歳以上の総合事業や介護保険で非該当となった方や
これに相当する方で、援助が必要と認められる方

利用期間

原則、週1回、1時間程度 

問い合わせ先
 本庁長寿社会課高齢福祉係 ☎21‐8370 または各支所保健福祉課 

生きがいデイサービス事業

通所介護による日常生活の支援・指導を行います。

対象者

おおむね65歳以上の総合事業や介護保険で非該当となった方や
これに相当する方で、援助が必要と認められる方

利用期間

原則週1回 

問い合わせ先
本庁長寿社会課高齢福祉係 ☎21‐8370 または各支所保健福祉課 


成年後見制度について

成年後見制度

成年後見制度は、認知症・知的障がい・精神障がいなどによって判断能力が
十分ではない方を法律的に支援する制度です。

例えば、「家を売りたいとき」「福祉サービスを受けたいとき」「財産管理が難しくなったとき」など、
1人ではできない、あるいは1人でするには不安がある場合にこの制度が利用できます。

制度に関する詳しい内容については、法務省のホームページの
こちらをクリックしてください。  

成年後見登記制度

成年後見登記制度は、成年後見人などの権限や任意後見契約の内容などを
コンピュータ・システムによって登記し、
登記官が登記事項を証明した登記事項証明書(登記事項の証明書・登記されていないことの証明書)を
発行することによって登記情報を開示する制度です。

制度に関する詳しい内容については、
法務省のホームページの
こちらをクリックしてください。

問い合わせ先
 本庁長寿社会課高齢福祉係 ☎21‐8370 または各支所保健福祉課