「医療と介護の連携連絡会」の主な活動を紹介します。

「人生会議」の普及啓発に向けた取組を検討しています

今年度の新たな取り組みとして、アドバンス・ケア・プランニング「人生会議」の普及啓発に向けた取組を検討しています。

これまでに2回の検討会を開催し、意見交換を行いました。

 第1回検討会 令和2年8月24日 出席者数:18人

 第2回検討会 令和2年10月27日 出席者数:24人

 

11月30日は「人生会議」の日です。みなさんも「人生会議」してみませんか?

 11月30日(いい看取り・看取られ)は「人生会議」の日~「人生会議」してみませんか~

8月6日(木)に第1回「はじめてのケアカフェ」を開催しました

8月6日(木)に一関保健センターを会場に「はじめてのケアカフェ」を開催しました。

今回のテーマは「人生会議」。 

はじめに、北上市保健福祉部長寿介護課の木野渉様に「話し合って決める人生の心づもり~北上市の取組紹介~」と題してご講演をいただき、北上市の「心づもり事業」の取組と、独自のエンディングノート「わたしのきぼうノート」作成の経緯などをご紹介いただきました。

 

次に「最期のときを、誰と、どう話す?」というテーマでグループワークを行いました。

「自分の思いを伝えるのは難しい。」「『わたしのきぼうノート』のような物があると、話し合うきっかけになるのではないか。」「家族や、医療関係者など、色々な人と話すことが大事だと思った。」などの意見が出され、最後に各グループでの話し合いの内容を発表し、参加者で共有しました。

今回は、コロナ対策ということで、お茶やお菓子の飲食は無しでしたが、和やかな雰囲気の中、多職種間の交流が図られたようでした。

一関市医療と介護の連携連絡会について

 平成24年9月に高齢化率が30%を超えた一関市では、すべての市民が、健康で心豊かに自立した生活を送るため、保健・福祉・医療の連携強化が一層の課題となっています。

そこで、一関市では平成23年度から「地域医療・介護連携推進事業」を実施し、医療機関、介護サービス事業所等、市民、行政がそれぞれの役割や連携を強化し、地域医療体制の充実を図っています。

 平成30年度診療報酬・介護報酬改定に伴い、国の標準様式を踏まえ、連携シート(情報共有シート【くらしのシート・退院シート】)について一関市医療と介護の連携連絡会幹事会マニュアル検討会で協議を重ね、この度様式の改正を行うこととし、併せて「医療と介護の連携マニュアル」についても、改正することとなりました。

平成30年12月1日から下記改正様式等により運用することとなりましたので、お知らせいたします。

(平成30年度改正版)一関市医療と介護の連携マニュアル 

(参考)医療と介護の連携マニュアル(変更部分下線付き) 

くらしのシート(PDF版) 

くらしのシート(エクセル版) 

退院シート(PDF版) 

退院シート(エクセル版) 

  

過去の活動はこちら

 令和元年度

 平成30年度

 平成29年度

 平成28年度

 平成27年度

 平成26年度

 平成25年度