一関市鳥獣被害防止計画について

 

 「鳥獣による農林水産業等に係る被害の防止のための特別措置に関する法律」(平成19年法律第134号)に基づき、鳥獣による農作物等の被害防止施策を総合的かつ効果的に実証するため、「一関市鳥獣被害防止計画」を策定しました。
 この計画は、平成21年度に策定され、その後3ヶ年ごとに更新してきたものであります。
 

1 計画期間
  平成30年度から平成32年度まで

2 策定日
  平成31年1月28日(平成31年2月8日告示)

3 目標
  平成29年度における野生鳥獣被害を現状値として、3年後(平成32年度)までに被害を2割軽減することを目指します。

4 計画期間における主な取組
  【新規】有害鳥獣を捕獲する「囲いわな」の設置(設置箇所数1カ所、面積32平方メートル)
  【拡充】有害獣の被害を受けている地域への電気柵の設置(総延長75km)
  【継続】新規狩猟者確保のため、狩猟免許の取得に係る一部経費を補助(市独自の事業)

5 その他
  計画の詳細については、以下のファイルを参照ください。

一関市鳥獣被害防止計画(H30~H32).pdf [1462KB pdfファイル] 

※PDFファイルをご覧いただくためには「Acrobat Reader」が必要です。お持ちでない人は、こちらからダウンロードしてください。

問い合わせ先

一関市農林部農政課畜産園芸係
TEL0191-21-8427