市では、耐震改修促進法に基づき、建築物の耐震診断及び耐震改修の促進を図るための指針となる『第2期一関市耐震改修促進計画』を策定しました。 

計画策定の目的

  安全・安心して暮らせるまちづくりを促進するため、計画的に建築物の耐震診断及び診断に基づく耐震改修の促進を図り、今後想定される地震に対する建築物の安全性を高め、市民の生命、身体及び財産を保護することを目的としています。

計画の性格

 この計画は、耐震改修促進法第5条第7項に基づき、「岩手県耐震改修促進計画」を勘案して策定しており、当市の建築物の耐震診断及び耐震改修の促進を図るための指針となるものであります。
また、市民や建築物の所有者等には、この計画に盛り込まれた建築物の耐震改修の促進に関する基本的な考え方に理解をいただき、積極的に耐震診断及び耐震改修を進め、建築物の耐震化の促進を期待するものであります。
なお、当市の地震防災対策の基本は「一関市地域防災計画」に記載されているところでありますが、この「第2期一関市耐震改修促進計画」は、喫緊の課題である、市内の建築物の耐震化の促進を図ることを主眼に策定しようとするものであります。

計画の期間

  平成28年度から平成32年度までの5年間

第2期一関市耐震改修促進計画
・計画書の全文はこちらからダウンロードできます。

第2期一関市耐震改修促進計画 [762KB pdfファイル] 

震度予想分布図.pdf [1429KB pdfファイル]