予防接種

予防接種法などに基づき、各種の予防接種を実施しています。時期を逃さないで接種をしてください。
予診票兼接種券は、対象者への郵送または、こども家庭課または東部・北部健康推進室で申請し交付します。

転入した人は、予防接種の状況を確認いたしますので、母子健康手帳を持ってきてください。

異なるワクチンを受ける時の接種間隔
  • 注射生ワクチン後に、注射生ワクチンを受ける場合は、27日(4週間)以上おく(早くて28日目から接種できます) 
  • 注射生ワクチン後に、経口生ワクチン・不活化ワクチンを受ける場合は、制限なし(ただし、同じワクチンを複数回接種する場合、決まった接種間隔をあける必要があります)
  • 経口生ワクチン・不活化ワクチン後に、注射生ワクチン・経口生ワクチン・不活化ワクチンを受ける場合は、制限なし(ただし、同じワクチンを複数回接種する場合、決まった接種間隔をあける必要があります)
同時接種について

2種類以上の予防接種を同時に同一の対象者に接種する同時接種は、医師が必要と認めた時に行うことができます。ご希望の方は、かかりつけ医に相談しましょう。

一関市の予防接種(法定)

 

種類 接種年齢 ワクチンの接種と接種方法 回数と望ましい間隔 備考
ヒブ

生後2か月~5歳に至るまでの間 

不活化ワクチンの注射 

○生後2か月~7か月に至るまでの間で接種開始の場合
1~3回目…27日以上の間隔をおいて3回

※標準的には、27~56日の間隔をおいて接種

※3回目は、12か月に至るまでに完了
追加…3回目の終了後7か月以上の間隔をおいて1回

※標準的には、7~13か月の間隔をおいて接種

※接種開始月齢で接種回数が違います。詳しくはお問い合わせください。
小児用肺炎球菌 生後2か月~5歳に至るまでの間 不活化ワクチンの注射

○生後2か月~7か月に至るまでの間で接種開始の場合
1~3回目…27日以上の間隔をおいて3回
※2回目の接種は12か月に至るまでに完了

※3回目の接種は24か月に至るまでに完了
追加…3回目の接種から60日以上の間隔をおいて1回
※1歳以降に接種すること

※接種開始月齢で接種回数が違います。詳しくはお問い合わせください。
B型肝炎 1歳に至るまでの間 不活化ワクチンの注射

1~2回目…27日以上の間隔をおいて2回接種

3回目…1回目接種終了後139日以上の間隔をおいて1回接種

 

ロタウイルス

○ロタリックス(1価)…出生6週0日後から24週0日後までの間

○ロタテック(5価)…出生6週0日後から32週0日後までの間

生ワクチンの経口投与

○ロタリックス(1価)…27日以上の間隔をおいて2回
○ロタテック(5価)…27日以上の間隔をおいて3回 

 

※1回目の接種は、出生14週6日までに行う

 
BCG 

1歳に至るまでの間

(生後5~8か月未満が望ましい)

生ワクチンの経皮接種  1回   

4種混合
・百日咳
・ジフテリア
・破傷風 

・不活化ポリオ

生後2か月~7歳6か月に至るまでの間

不活化ワクチンの注射 

1期初回…20日以上の間隔をおいて3回

※標準的には、20~56日の間隔をおいて接種
1期追加…初回接種3回目終了後おおむね1年後に1回 

※標準的には、初回接種3回目から12~18か月の間隔をおいて接種

 ※令和5年4月より、生後3か月から生後2か月に対象が拡大されました。
不活化ポリオ 生後2か月~7歳6か月に至るまでの間  不活化ワクチンの注射 

初回…20日以上の間隔をおいて3回

※標準的には、20~56日の間隔をおいて接種
追加…初回接種3回目終了後おおむね1年後に1回 

※標準的には、初回接種3回目から12~18か月の間隔をおいて接種

 

※過去の接種状況により接種回数が違います。詳しくはお問い合わせください。

麻しん風しん混合(1期)
・麻しん(はしか)
・風しん 
1歳~2歳に至るまでの間 生ワクチンの注射  1回   
水痘(みずぼうそう) 1歳から3歳に至るまでの間 生ワクチンの注射

3か月以上の間隔をおいて2回

※標準的には12か月から15か月に至るまでに1回目を接種し、1回目接種後

6月から12か月に至るまでの間隔をおいて2回目を接種

 
日本脳炎(1期) 

3歳~7歳6か月に至るまでの間

特例対象者 (1) (2)

不活化ワクチンの注射  1期初回…6日以上の間隔をおいて2回
1期追加…1期終了後6か月以上の間隔をおいて1回

 特例対象者

H19.4.1生まれまでの20歳未満の者うち、1期3回が完了していない者

麻しん風しん混合(2期)
・麻しん(はしか)
・風しん
5歳~7歳未満で就学の前年度 生ワクチンの注射 1回  
日本脳炎(2期)

9歳以上13歳未満

不活化ワクチンの注射 1回 ※特例対象者H19.4.1生まれまでの20歳未満
二種混合(2期)
・ジフテリア
・破傷風 
小学6年生以上13歳未満  不活化ワクチンの注射  1回   
子宮頸がん予防ワクチン  中学1年生~高校1年生(相当)  不活化ワクチンの注射 

○サーバリックス
1回目を0月とし、1か月後、6か月後に計3回
○ガーダシル
1回目を0月とし、2か月後、6か月後に計3回 

○シルガード9

1回目を15歳未満で受けた場合は、1回目を0月とし、6か月後に計2回

1回目を15歳以上で受けた場合は、1回目を0月とし、2か月後、6か月後に計3回

 
実施医療機関

必ず予約をしてください。予約時間や休診日などは、医療機関へ直接お問合せください。

令和6年度【小児等】個別予防接種実施医療機関一覧.pdf [ 185 KB pdfファイル]

※PDFファイルをご覧いただくためには「Acrobat Reader」が必要です。お持ちでない方は、こちらからダウンロードしください

問合せ先

こども家庭課おやこ健康係 電話0191-21-5409