一関市では、大人の風しん予防接種費の助成を実施しています。

【目的】

妊婦が初期に風しんにかかると、子どもが難聴、先天性心疾患、白内障、網膜症など「先天性風しん症候群」になる恐れがあります。一関市では、その発生の防止と市内での流行を予防することを目的に、大人の風しん予防接種の費用の一部を助成します。

【助成対象期間】

令和4年4月1日(金)から令和5年3月31日(金)まで

【対象者】

接種日現在に市内に住所を有し、次に該当する方で、接種を希望する方

1 平成2年4月2日から平成12年4月1日生まれで、MR3期・4期が未接種の方

2 昭和48年4月2日から昭和54年4月1日生まれの女性(男性は風しん第5期定期接種の対象)

3 昭和54年4月2日から平成2年4月1日生まれの方

*以前に一関市の当該予防接種の助成を受けている方は対象外です。

*特に「妊娠を希望している方」「妊婦の夫」「妊婦と同居の家族」は、予防接種をお勧めします。

 ただし、現在「妊娠している方」又は「妊娠している可能性がある方」は予防接種を受けることが出来ません。

*風しん第5期定期接種の対象者は、昭和37年4月2日から昭和54年4月1日までの間に生まれた男性です。

【予防接種の受け方】

1 実施医療機関に予約し(必須)、接種料金を確認してください。

2 医療機関から配布される説明書をよく読み、予診票兼接種券に必要事項を記入し接種してください。

【助成額】

 接種料金は、各医療機関で異なります。医療機関の料金から助成額を引いた額は、個人負担となりますので、

 医療機関にお支払いください。

 なお、助成額は次のとおりです。

○助成対象期間中にどちらかのワクチンを1人1回

 1 風しん(単抗原)ワクチン 3,000円

 2 MR(麻しん風しん混合)ワクチン 4,700円

*生活保護世帯に属する対象者の費用は、全額市が負担します。

【予診票兼接種券の交付】

 実施する医療機関で交付します。本人確認が出来るもの(健康保険証等)を持参してください。

*生活保護世帯の方は、本庁福祉課又は各支所保健福祉課で交付します。

【実施医療機関】

 令和4年度市内実施医療機関 大人の風しん予防接種 

【問合せ先】

子育て支援課母子保健係(一関保健センター内) 電話番号:0191-21-5409