一関市では、不妊治療の経済的な負担を軽減するため、特定不妊治療(生殖補助医療)を受けたご夫婦に対し、治療費の一部を助成します。 

【特定不妊治療費助成(保険適用への円滑な移行支援分)令和4年3月31日までに開始した治療分

対象となる方

 特定不妊治療を受けた夫婦(婚姻の届出をしていないが、事実上婚姻関係と同様の事情(事実婚)にある者を含む。)で、次の条件をすべて満たしている方

 (1)夫婦又はいずれか一方が、特定不妊治療を開始した日以前から引き続き一関市に居住し住所を有していること
 (2)岩手県不妊に悩む方への特定治療支援事業実施要綱に基づき、岩手県から助成金の交付決定を受けていること
    ※県へ申請し交付決定を受けた後、市への申請となります 

助成回数

・1回限り

※保険適用後(令和4年4月1日以降)に開始した治療費は、令和4年度から開始した「不妊治療費助成事業」で申請することができます。

助成内容

・夫婦一組に対して、1回の治療につき自己負担額から県助成金を控除した額について15万円を限度に助成します。
・特定不妊治療に至る過程の一環として、男性不妊治療を行った場合は、自己負担額から県助成金を控除した額について15万円を限度にします。

申請書類

(1)一関市不妊に悩む方への特定治療支援事業費助成金交付申請書
(2)岩手県不妊に悩む方への特定治療支援事業費交付決定通知書(写)
(3)岩手県不妊に悩む方への特定治療支援事業受診等証明書(写)
(4)指定医療機関の発行した特定不妊治療費に係る領収書及び明細書(写)
(5)一関市不妊に悩む方への特定治療支援事業費助成事業の申請に係る照会に関する同意書
  ※必要書類については、岩手県への申請時に交付されます

申請時期

 岩手県不妊に悩む方への特定治療支援事業費助成交付決定通知を受けた後、令和5年3月31日までに申請してください。
 

【不妊治療費助成(保険適用後に治療を開始した生殖補助医療費への助成)】令和4年4月1日以降に開始した治療分

対象となる方

生殖補助医療を受けた夫婦(婚姻の届出をしていないが、事実上婚姻関係と同様の事情(事実婚)にある者を含む。)で、次の条件をすべて満たしている方
(1) 夫婦またはいずれか一方が、不妊治療(生殖補助医療による治療)を開始した日以前から引き続き一関市の居住し住所を有していること
(2) 夫及び妻が申請日において市民税を滞納していないこと

助成内容

・夫婦一組に対して、1回の治療に要した自己負担額に対し15万円を限度に助成します。
・男性不妊治療を行った場合は、1回の治療に要した自己負担額に対し15万円を限度に加算します。

助成回数

 女性の治療開始日の年齢により異なります。

(1) 40歳未満の場合      6回まで(1子ごと)

(2) 40歳以上43歳未満の場合  3回まで(1子ごと)

申請時期・申請書類など

現在準備中です。決まりましたら、市広報や市ホームページなどでお知らせします。

 

問合せ・申請先

 一関市子育て支援課母子保健係(一関保健センター内)
  TEL 0191-21-5409

ダウンロード 

  ・一関市不妊に悩む方への特定治療支援事業制度のご案内 [824KB pdfファイル] 

  ・交付申請書 [74KB pdfファイル] 

  ・同意書 [63KB pdfファイル] 

※不妊治療費助成(保険適用後に治療を開始した生殖補助医療費への助成)については、現在準備中です

岩手県不妊に悩む方への特定治療支援事業費助成金のご案内

岩手県ホームページ

www.pref.iwate.jp/kurashikankyou/kosodate/shien/boshihoken/1003362.html