一関市は、2021年5月21日、SDGs(持続可能な開発目標)の達成に向けた、優れた取組、提案を行う自治体として「SDGs未来都市」に選定されました。

SDGs未来都市選定証

SDGs未来都市選定証

2021年度SDGs未来都市及び自治体SDGsモデル事業の選定について(内閣府地方創生推進事務局)(外部サイト)

 SDGs未来都市について

「SDGs未来都市」とは、SDGsの理念に沿った基本的・総合的取組を推進しようとする都市・地域の中から、特に経済・社会・環境の三側面における新しい価値創出を通じて、持続可能な開発を実現するポテンシャルが高い都市・地域として選定されるものです。

 市長コメント

このたび、本市の提案が「SDGs未来都市」に選定され、大変喜ばしく感じています。「世界の国々から親しみを持たれるまち」「世界の国々から信頼されるまち」を目指し、市民協働のもと、市民の皆様と各種施策を展開してきたことが評価されたものと受け止めています。

これまでのまちづくりの取組を機に2030年のその先の未来を見つめ「世界が憧れるまち いちのせき」を目指し、新たなまちづくりに邁進します。

引き続き「誰一人取り残さない」SDGsの理念を取り入れ「中東北の拠点都市 一関の形成」に向けて、全力で取り組みます。